k3の駄文録

ドーでもいいことを書いています。

その製品は会社を現す―軽薄な企業の軽薄な製品―

タッチパネル機能のないキーボード付きiPad・・・このクソダサいモデルも、名前を変えると拍手喝采というのがAppleマジック。
これで価格が約15万円という超高価モデル。
独自のコネクタ規格を作って特許料と高額な周辺機器で儲けて、ある程度時間が経ったらばっさり切り捨ててユーザーに余計な出費を強いるビジネスモデルは今に始まったことじゃないんで、Appleらしい新製品ですね。
http://www.apple.com/jp/macbook/

まあ、僕はPerforma5220で切り捨てられて以来、毒リンゴの呪いからは解き放たれてるんで、次のノートマシンはVAIO Zと決めとります。今はブラウザチェック用にMacOS必要なんでMBPにWindows入れて使ってますが。

 

Macと言えば、昔はデザインやら音楽やらをやる人の御用達だったのですが、Adobe製品もWindows向けが十分な機能を持っている現在、デザインの類をやるのにAppleから離れられないというのはちょっと時代遅れの感すらありますよね。昔はMIDIポート標準搭載、1pc=1ptなど、音楽系も印刷系もMacを使うのが合理的だったんですけどね。グレアパネルなんて、「使わなければ綺麗に見えるが使うと作業の邪魔になる」筆頭ですからね。デザイナーでこれ使うやつは2流っぽく見えます。ていうかMacのディスプレイはたまに勝手にまぶしい設定になってて目が疲れる。ほんと、使わない人向けのデザイン。使う人はノングレアフィルムを貼るしかない。

”曇りなき眼(byアシタカ)”で見れば、Kinect, Vocaloid, MikuMikuDance, Wacomの液晶タブレットなど、先進的でクリエイティブな環境の主力は完全にWindowsプラットフォームに移ってしまって、Macはむしろできない子になってしまっています。
Appleからはもう、先進的な技術が出てこなくなりました。今回のMacBookも、感圧タッチパッド以外はWindowsAndroid陣営の後追い&妥協だらけの技術。薄さのみを優先して、ほかは全てスペックダウン。すぐに陳腐化するスペックで出して、それが先進的なのだ、付いてこいと広告戦略で売る会社。要するに仕事しない(あるいはできない)人向けの高価で軽薄なファッションアイテム。それが新しいMacBook

まあ、AppleがないとMicrosoftが独占企業としてやりたい放題になってしまうので、信者の皆さんはこの宗教企業へのお布施を怠らないように頑張ってほしいと思います。(経営が傾くと、またMicrosoftなどが出資しなきゃならなくなってWindowsユーザーが迷惑こうむりますので)