k3の駄文録

ドーでもいいことを書いています。

Windows10へのアップデートを嫌う人たちがよくわからん

君らつい先日までWin8系統をぼろくそに言ってなかったっけ?10が出て以降、8.1で十分とかよかったとかいうのはネタなのか釣りなのか。

まだWin7から動きたくないって人は、XPっぽいインターフェイスに固執しているだけのような気がする。それなら8系のほうがよほど使いにくかった。10でもコントロールパネルが見つからなくてイライラするのは最初のうちだけ。

XPから7に切り替えた時点で、ソフトやシステムの面ではXPとie6の呪縛から解放されていると思うのだけど。

個人情報云々を言い訳にする人たちに至っては正気を疑うレベル。MSが個人情報を収集しているに違いない!だから変えない!なんてアホだよなーと。そんなのはXPの時代から変わってないと思うが。最新のもののほうがセキュリティ面で堅牢なのにそっちに行かないというのは、MSに情報とられるのは嫌だけど、犯罪組織に個人情報抜かれるのは構いませんって言っているようなものじゃない?バッカじゃねーの、と。情強気取りは意識高い系より痛々しい。

 

アップデートを強制してくるのが嫌だというのはわかる。お前ドライバとかソフトとか、10で動かないのがあってもそれを無視してアップデートするんじゃねえと。人の財産破壊すんなって話だからね。10にすると、借りてきたDVD再生できなくなるからね。

 

それでも、Win10は最後のOSとして、PC本体が壊れるまでサポートするという方針になっているわけで(いつまで続くかわからんけどね)。これでPCの買い替え負担から逃れられると思うと、アップデートしない選択肢はない。

使いやすさの点でも、Windows8/8.1に比べたらずっとWin7に近くてわかりやすい。

それに、デフォルトでセキュリティソフトが入っているのでその点の負担も少ない。もっとも、10にしたときに使っていた市販のセキュリティソフトを勝手に無効にされたのにはカチンと来たけど。

 

Windowsの強制アップデートが気に入らないからという理由でMacだのLinuxだのに乗り換える!という人たちもいるようだけど、まあ、Linuxに行くってのはどうせ挫折する(とはいえ使ってて面白いけどね)。趣味で使うにしたって、DVDの再生一つとっても手こずるし、ゲームも少ないし、Gyaoあたりの動画は閲覧できないし。LibreOfficeはMSOfficeの代わりにはならないし。

Linuxにてこずっている間にWindows10への無償アップデートの期間が過ぎて、結局Windowsに戻そうとしたときに泣くだけなんじゃないのかなあと。

Macに至っては、Windowsよりもえげつない商売しているわけで。中国製のボロいコードですぐに被覆が破けてぼったくり価格のACコードを買い替えたり、外部モニターを使うにも出力端子が独自規格だからこれまたぼったくり価格で純正品を買わなきゃいけなかったり。安く済ませようと互換品を使うとMacのほうで「これ純正品じゃないから使えないようにするね。」とブロックするし。

MacOSもWindows10同様、アップデートは無償のことが多いけど、数年前の機種はアップデートできないようになっているから、数年おきに本体ごと買い替えさせられるのよね。ノートだとほぼ100%の確率でバッテリーが膨れ上がって本体を壊す。ソニータイマーは都市伝説だけど、Apple地雷は現実。

で、周辺機器は使えるのかというと、これまた規格をコロコロ変えるので古い周辺機器を流用するってのができないようになっている。

Appleのえげつなさを知っていると、MSのほうが100倍まし。

 

どうせいつかはアップデートしなきゃいけないんだから、いつまでもゴネてないでさっさとアップデートして使い慣れたほうが楽だぜー、って話。ゴネ得なんてないんだから。