k3の駄文録

ドーでもいいことを書いています。

iPhoneの文字入力ってさ・・・

キーボードにカーソル移動のボタンがないからすさまじく使いにくいよね。

なんで「Appleはデザインが優れている」なんて未だに言い続ける人たちがいるのか、私には全く理解できないよ。

あと、「一つ戻る」のボタンもなくて、アプリによってやり方がまちまち。大抵はホームボタンで最初からやり直さないといけないとか。

他にやり方があるのかもしれないけど、まあ、基本的に見つからない。ていうかそういうのを検索かMac誌買うのか分からないけど、そうやって調べないといけない時点で、デザインとして落第なんだよね。伝わらないデザインなんて、デザインじゃないんだよ。

Apple製品がなんとなくで使えたのは漢字Talk時代までで、NextstepことOSXになってからはもうダメダメ。Ubuntuの方がわかりやすいんじゃないかって思うこともある。オープンソースに負けてどうすんだと。

 

私も昔はMac好きだったよ。Windowsをdisるくらいにはね。でも今はもうだめだね。ていうか、ジョブスが復帰してからApple製品は使いにくいものになった。入出力端子を省きすぎ、純正のケーブルを使わないと動作しないようにするプログラム。ユーザーのことなんてこれっぽっちも考えてなくて、使いにくいデザインをごり押しする。不満を言うほうがおかしいんだって、カルト宗教みたいな状態。

 

そりゃまあ、Appleのアプリでないとできないものも多い。操作が簡単なのに出力されるのはぐっと来るものとか。

ただ、それって優れているのはアプリの作者であってAppleじゃない。

 

過去のAppleが優れていたのは、大体Adobeのおかげ。WindowsがLotasのおかげでビジネス用に普及したように、Appleがクリエイターや印刷業界御用達になったのはAdobePhotoshopMacでしか使えなかったから。

もちろん、Adobeだけが優れていたわけではない。Appleもその用途に適応するように、Macのモニタの解像度を72dpiに固定した。印刷の1ptとモニタの1pcが大体同じになる。画面で表示されるサイズと、紙のサイズがほぼ同じ。ユーザーの使いやすさを思ってデザインされていた。あなたが見ているものが、あなたの得られるものだ。

操作にコマンドはいらない。ある程度基本的なことを把握すればどのソフトウェアでも同じように操作できる。こうしたいんだけど、で何とかしようとすると、そのように動いてくれる。漢字Talk時代のMacの気持ちよさ。

 

そこいくと今のAppleの体たらくは何だろうね。iPhoneの上下左右の端からスワイプすると何か出るけど、それでどう動作するのか予想が付かない。一体どこに目的のメニューがあるのだろう? やってみると失敗する。なんだこれは。これのどこがAppleのデザインなんだ? このイライラする感じは、MacからWindowsに乗り換えたWindows95時代に味わったアレだ。一体、目的の操作はメニューのプロパティなのか、設定なのか、ユーザー設定なのか? 探し回る。そしてなかなか見つからない。あれと同じことを、私はiOSでやっている。

 

ファッションブランドについては少ししか知らないけど、例えばエルメスのようなブランドは、もともと頑丈な馬具を作っていて、それでブランドが確立した。今でも革製のバッグを作るときは、なめしの工程で全方向に強度を持つ革の中心部分だけ使う。彼らはブランドの基本を守り続けているのだと思う。

 

今のAppleは、もともと評価されていた「WISIWYGに代表されるユーザーの直感的な使いやすさ」を全部投げ捨ててしまっている。すべてはジョブスのご託宣。崇めよ、称えよ。あれも無いしこれも無い?不満を述べてはならない。それがすばらしいんだと自己暗示をかけなさい。

 

・・・だっせえ。

 

今ではMicrosoftの方がはるかに先進的な物を出してるし、使いやすさでは不愉快極まりないことにAndroidの方がましときた。

今でもAppleは新製品を出すときにジョブスの後光に頼っている。今のApple教に染まってしまったユーザーは、使いやすいものが出てきたら言うだろう「こんなものをジョブスはデザインしない」と。使いにくいものを先進的とありがたがるように洗脳されてしまったなれの果て。

それでもいいのかもしれない。使いやすいもの=ほかの製品と同じように快適 では、特別感がどこにも無いからね。

 

ただねぇ。実はそんなに特別でもないと言うか。

iOSは使いにくいだけなんで論外として、OSXのほうのインターフェイス、そこはかとなくLinuxの香りが漂ってるのよね。まあ、LinuxUbuntuしか知らないから、Linuxの、というよりUbuntuと共通するって言うほうが正確だけど。すごく・・・ディレクトリです。

アプリをインストールするときもね、ユーザーがフォルダをディレクトリにドラッグ&ドロップって。ああ、これLinuxだなあと。裏でsudoとかのコマンドが走ってるんだろうなぁと。まあ、漢字Talkの時には3つのフォルダにドラッグ&ドロップってやってたんで大して変わってないというべきかも知れないけど。

ちなみに、ドラッグ&ドロップを促す画面、ただの説明にしか見えなくて、そこで実際に操作しろってことだって気づくのにかなり時間かかったよ。あのデザインは、もうちょっと何とかすべき。

 

まあ、インストールウィザードって中で何やってるかさっぱり分からないんで、「とりあえずフォルダにぶち込め。それがインストールだ。」って方が好きなんだけど。

考えてみると、Windowsのインストールウィザードで行っている、「ユーザーは何も知らなくていい。こっちに任せろ」ってのは、本来のApple的な価値観だよな。

Microsoftはもともと、ゲイツが他人のOSパクってMS-DOS作ったせいでものすごく嫌われるようになったのだけど、今ではAppleの方が色んな企業の技術を盗みまくってるからね。ゲイツのパクリなんてかわいいものよ。

敵を叩き潰すMicrosoftに対して、味方を食いつぶすApple、と言う構図は10年以上前から変わらない。

 

まあ、遠くない将来、また経営が傾くんだろうけど、次にAppleを救済するのはGoogleか、それともAmazonか。どっちもMicrosoftほど甘くはなさそう。

 

選択肢がWindowsしかないってのもいやなんで、Appleには頑張ってほしいんだけど、そのためには本来のAppleが持っていた「使いやすい」デザインを取り戻してほしいし、Apple信者はいい加減ジョブスから卒業しないといけない。まあ、味方を食いつぶし続けてきたAppleが、最後は味方に足を引っ張られて堕ちていくってのも見ものではあるけど。

とはいえ、今のスマホのスタンダードを作ったほどの会社が立ち直れないなんて姿は、あまり見たくはないよなぁ。