k3の駄文録

テキトーに書いています。

北海道ブラックアウト、泊原発が動いていれば避けられたのか検証してみた

9月6日の北海道の地震で、「泊原発が動いていれば全道ブラックアウトはなかったはずだ」という主張がある。

ただ、どの主張も概念的で、定量的に検証した話をあまり見聞きしない。まあこれは自分が本件について大してアンテナ張ってないからというのもあるけど。

ただ、今のままだと元技術屋として気持ち悪いので自分で検証してみることにした。

状況の整理

地震の発災は9月6日午前3時ごろ。直前の午前2時台の発電実績は286万kWであった。

この時、苫東厚真石炭火力発電所は全機稼働中で165万kWを賄っていた。

原発が止まっている今、ベースロード電力は石炭火力が担っている。高効率で発電するため、おそらくフル稼働状態だったのではないかと思う。

発災時に発電を停止したのは2号機(60万kW)と3号機(70万kW)。1号機(35万kW)はその後17分間頑張ったが需給バランス崩れに耐えられずこれも停止。約57%の供給が失われ、全ての発電所が止まった。

北海道電力では夜間、需要の45%を賄う発電所が突然停止すると確実に全道停電になる

上記の状況から、北海道電力では夜間、130万kWの電力供給が失われると確実に全道停電になることが分かる。これは需要の45%にあたる。

実際の閾値はどうなのだろうか?北海道電力の設備一覧から変動電力を担う水力とガスタービンの総出力を合計すると、179.8万kWであることが分かる。

実際の運用は分らないが、需要の増減に即応できるように全ての水力発電ガスタービン発電が常時50%の出力で運転していると仮定すると、想定外の変動は89.9万kW、夜間電力の31%までの変動をカバーできる計算になる。確かにこれでは130万kWの変動はカバーできない。

あともう一つ、本州との電力の融通を行う連携線の容量が60万kWある。これを入れると想定外の変動は149.9万kW、夜間電力の52.4%までの変動に耐えられるはず、という計算になる。実際には45%で全道ブラックアウトしているのでこの計算は現実から乖離しているとみなしていいだろう。

泊原発が動いていたらどうだったか

さて、「もしも泊原発が動いていたら」という仮定を考えてみる。

泊原発は、1号機と2号機が57.9万kW、3号機が91.2万kWの出力がある。

泊原発と苫東厚真火力がベースロードを担うと仮定、夜間電力を290万kWと仮定して、その50~60%(145~174万kW)をこの2か所で賄う場合発電所の稼働パターンは以下が想定できる。

1. 泊原発1号機または2号機だけが稼働していた場合

1-a) 原発57.9万kW(需要の20%をカバー)

苫東厚真1,2号機(95万kW)を運転

⇒2号機(60万kW)だけが止まるシナリオなら全道停電は避けられた可能性がある。

⇒1号機も停止したら全電力の32.7%を喪失。理想的な条件(ガスタービン、水力が50%で待機していて即応できる+本州からの即時の受電5.1万kW)なら全道停電は避けられるかもしれない。

 

1-b) 苫東厚真1,4号機(105万kW)を運転

⇒4号機(70万kW)のみが止まるシナリオなら全道停電は避けられた可能性がある。

⇒1号機も停止したら全電力の36.2%を喪失。理想的な条件(ガスタービン、水力が50%で待機していて即応できる+本州からの即時の受電15.1万kW)なら避けられるかもしれないが、甘すぎる想定の感が否めない。

 

 

2. 泊原発3号機だけが稼働していた場合

 

原発91.2万kW(需要の31%をカバー)

2-a) 苫東厚真2号機のみ稼働

⇒全道停電は避けられた可能性がある。

 

2-b) 苫東厚真4号機のみ稼働

⇒全道停電は避けられた可能性がある。

 

3. 泊原発1号、2号が稼働していた場合

原発115.8万kW。(需要の39.9%をカバー)

3-a) 苫東厚真1号機(35万kW)のみ稼働

⇒全道停電回避

 

3-b) 苫東厚真2号機(60万kW)のみ稼働(合計185.8万kWh、64.1%)

⇒全道停電は避けられた可能性がある。

 

4. 泊原発1号と3号、あるいは2号と3号が稼働している場合

原発149.1万kW(需要の51.4%をカバー)

⇒苫東厚真は動かす必要がないので全道停電はしない。

 

結論:泊原発が再稼働していれば今回の地震に限り、全道停電は避けられた可能性がある。

今回の地震に限って言えば、苫東厚真2号機と4号機が地震で同時に故障したことが原因。この点のみに着目すると、

  1. 泊原発のうち2基が稼働している場合
  2. 泊原発の3号機のみが稼働している場合

において、全道停電を回避できた可能性が高い。これは北海道電力の電力網が、70万kW(需要の24%)を突然失っても耐えられる、という条件が付く。

机上の空論では、北海道の電力網は、149万kWの急激な負荷変動に耐えられる。実際には135万kWで落ちた。おそらくもっと小さい変動でも落ちるだろう。それが100万kWなのか、70万kWなのかは私にはわからない。北海道電力にはそのあたりを検証していただきたい。

 

ただし、泊原発を2基稼働させると、原発に震度5以上の揺れが来ると全道停電が発生する。

一方、泊原発を再稼働させた場合、もしも泊原発1号と3号、あるいは2号と3号を同時に稼働させていた場合、泊原発で震度5の揺れが来ると100%全道停電する。

原発は震度5以上の揺れを検知すると緊急停止する。そしてこの2基の組み合わせの発電量は149万kW、今回のブラックアウトを引き起こした130万kWを超えている。

つまり、夜間に震度5の揺れが泊原発を襲うと、確実に全道ブラックアウト、泊原発は外部電源喪失の緊急事態に、自動的に陥る。

 

北海道の電力網がブラックアウトする閾値は何万kWなのだろうか? 泊原発は1号機と2号機で115.8万kWを出力する。もしも全道ブラックアウトの閾値がこれを下回るようなら、泊原発は絶対に2機以上同時に動かしてはいけない。

 

電源喪失のリスクはどうだろうか?

  1. 地震でその非常用電源も損傷して使えなくなる
  2. 点検漏れや記録の改ざんなどよくある人的要因で実は使えない状態
  3. 豪雨や豪雪などの気象災害のため、電源車からの電力の供給が困難、あるいは行えない

など、よく起きる手違い頻発する気象災害が2つほど重なればそれで全電源喪失のお膳立てが出来上がる。そして震度5の揺れは毎年日本のどこかで何度も発生する。このような状況で全電源喪失の回避は、ほとんど神頼みの領域ではないだろうか。

変電所が震災による火災の被害を受けることも考えられる。外部電源の回復に1か月かかるようなシナリオを追加してもよいだろう。

泊原発では全電源喪失でも耐えられる準備を整えているが、最後の砦まで一気に迫られるような状況は多重防護の原則に反する。地震発生と外部電源喪失が常にセットで、全電源喪失の回避を運に任せるような運用は認めてはならない。

終結論:泊原発を再稼働させても全道ブラックアウトの可能性は残る。そして、原発が深刻な事態に陥るリスクを抱えることになる。

2基動かすのはハイリスクなので、1基だけ動かすなら大丈夫だろうか? その場合、100万kW前後を石炭火力で賄う必要がある。今回は130万kWの喪失でブラックアウトしたが、100万kWなら大丈夫だろうか? 泊原発3号機の90万kWの突然の停止くらいなら大丈夫だろうか?

そこが分からない限り、「泊原発が動いていれば全道ブラックアウトは避けられた」なんて、軽々しく言うことはできない。そんな主張ははっきり言って考えなしの無責任である。

北海道電力がこの点をしっかりシミュレーション・検証してくれることを期待したい。

 

 

 


このブログ、こんなまじめな話を書くようなスタイルじゃないんだよなー・・・。

か知らん

はてなブックマーク - 語尾に「~かしら」と付ける男性について

あたしゃ最初にのび太をイメージしたよ。

すげー。いろんな調査があるんだね。

本稿では明治初年から現在までに発表された小説を用い、終助詞「かしらん>かしら」という語形変化の流れの中での男女の使用差を調査した。昭和前期頃に語形が「かしら」に定着するとともに、女性的な表現として定着していることが分かった。また、明治後期の男女の使用差を考察したところ、明治後期の作品では、女性の発話に丁寧体と共存して終助詞「かしら」を使用する用例が多く見られた。これは、直接的な問いかけや依頼を避け、柔らかな丁寧さを示しており、明治以後形成された発話の仕方における男女差の反映と見られる。小説の世界では、明治後期から「かしら」を使用する女性のステレオタイプが形成され、大正期・昭和期をへて、現在に至り「かしら」が女性的表現として定着してきたと考えられる。

CiNii 論文 -  終助詞「かしら」における男女差の形成--近代小説における用例調査を中心に

個人的には男性も普通に女性言葉使えるようになった方がありがたい。感情表現の幅が広がる。

日本の今のご時世、死刑を廃止したら、寿命で死ぬまで何もしないで生きられるからって大量殺人する凶悪犯が確実に出てくると思う。

死刑になりたいからって大量殺人する奴が出てくる現状と、果たしてどちらが良いのやら。

個人的には、人を殺して反省すらしない奴は速やかに殺して犯人の生存にかかるコストも含めて削減した方がましだと思うけど。

これって校長が現場を把握していないってことかな

炎上しているこれ(以下、引用部にある太字は私によるもの)

media.housecom.jp

三郷市立彦郷小学校の鈴木勉校長によると、データベース化を行うことによって、児童ごとの読書傾向を学校側が把握できるようになり、今どんな本を読んでいるのか、あるいは1ヶ月で何冊の本を読んでいるかなどを的確に把握できると言います。

そしてそれらのデータ資料を担任の先生に配布することで、個別指導を行ったり、時にはオススメの本を推薦することもできるのだそうで、このことに関して鈴木校長は次のように述べていました。

「『本を読みましょう』とクラス全員に向かって訴えても、なかなか効果は期待できません。それよりも、一人ひとりの読書傾向を先生が理解した上で指導すれば、児童の読書意欲も随分と上がってくるんじゃないでしょうか。」

 これが図書館の自由宣言に抵触するということで問題視されたわけですね。

図書館の自由に関する宣言

 読者が何を読むかはその人のプライバシーに属することであり、図書館は、利用者の読書事実を外部に漏らさない。

 図書館の自由宣言とか今回初めて知りましたよ。

ちなみに、

一方で、彦郷小学校では児童の読書量が増えるに従って、自分が好きな本ばかりを読むなど、児童たちの読書傾向が偏るようになったため、その対策として「読書ビンゴ」を導入しました。

media.housecom.jp

という記述もあったので、私はこの学校が読書傾向の偏りを問題視して読む本を指導しているんじゃないかと思ったわけです。それ憲法内心の自由とか侵害してないかと。

第十九条 思想及び良心の自由は、これを侵してはならない。

e-Gov法令検索

自分も子供のころは大量に本を読んでいたけど、基本的に好きなジャンルに偏ってたんですね。好きでもないジャンルの本を読むのを強制されたら、苦痛でしかないよなあと。

国語の授業で詩を習った時に「図書館で好きな詩人を見つけてきて」という課題が与えられて、おかげで会津八一という詩人のスタイルに出会えたので、ジャンルを分散させる指導ってのも悪いことばかりではありませんが。つかそのくらいなら国語の教科書にある分だけでもよくね?私が最初に会津八一を知ったのも教科書だもんね。(全部ひらがなだから気になってた。図書館で本を借りてその作詞スタイルが好きになった。)

私は図書分類2号7号8号はほとんど読まなかったのでそれ強制されたらいやだなあと。

それに、ある期間に読む本って普通に偏るんですよ。一時期推理小説ばかり読んでましたし。マイブームの真っただ中にいるときに横から水掛けられても迷惑だよねと。

 

 

で、無事炎上したところで続報が入りました。

「担任に伝わる情報は、それぞれの本の貸出回数と、そのクラスの各児童がどれくらい本を借りているかといった数値だけです。児童が読んでいるジャンルや本のタイトルなどの具体的な内容は伝わっていません」 

「個別指導というのは、貸出冊数が極端に少ない児童に『できるだけたくさん本を読もうね』『頑張ろうね』などと声をかけることです。読む子は放っておいても読みますが、読まない子はまったく手に取らないので」

「市が決める『三郷市おすすめの本100冊』というリストがあります。卒業までに読もうね、と推奨されている本のリストなのですが、その中からこれはどうか、と勧めています」

news.careerconnection.jp

鈴木校長は、「読書傾向を把握、というのは私の言い過ぎだったと思います。誤解を招いてしまって申し訳ないと思いつつ、どのように訂正をしたら良いのか……。方法を検討しているところです」と話していた。 

 とのこと。

なんか元記事に書いてることと随分かけ離れてますねと。悪意を持って見れば、

「その弁明、矮小化しようと嘘ついてない?」

って思ってしまいます。特にここのところ。

一方で、彦郷小学校では児童の読書量が増えるに従って、自分が好きな本ばかりを読むなど、児童たちの読書傾向が偏るようになったため、その対策として「読書ビンゴ」を導入しました。

media.housecom.jp

よくよく読むと、「お前これ読め」みたいな話じゃないんですよね。異なる文脈の話をこちらが無意識に関連付けてた。まあ、記事の文脈からはそう受け取りやすいという話でもあります。

 

これ、ライターが適当だったのかというと、そうでもなかったようで、

とのこと。

 

まあ、市役所が学校現場の指導の内容を知っているわけないし、また市役所の担当者も私みたいに図書館の自由宣言とか知らんかったんだろうなと。

で、図書館司書は多分図書館の自由宣言を知っていると思うので、たぶん私らが懸念したような指導が行われそうになったら抵抗すると思うんですよ。最近は図書館司書の地位が不当に低く扱われててどれだけ意見ができたのか、意見が通るのかという心配はありますが。

 

で、この問題、たぶん校長が現場をろくに把握していなかったってことなんじゃないかと思ってます。

この記事、現場の教師の話も子供の話もないじゃないですか。現場の教師がチェックしたら、「いやいや、子供が何読んでるかなんて把握してないっすよ」ってなってたのではないかと。

まあ、実際のところどうなのかは、現場の司書、教師や子供たちへの取材結果がないと分かりませんわな。

 

この炎上のおかげで関連する情報がいろいろ得られたのは良かったと思います。

http://www.jla.or.jp/portals/0/html/jiyu/yamaguchi_s_20131122.pdf

この問題を他山の石としてみるならば

記事を書くライターが図書業務に明るい人であれば、取材時点で問題を見つけて学校による児童への思想信条への介入、という視点から取材を深められたんだろうけど、実際はど素人だった。

また、取材を校長のみで終わらせてしまって、現場の声は聞かなくてもいいやと記事をしたためてしまった。現場の教師がこの施策にどのような手ごたえを感じているかなどを取材していたら、記事はさらに深いものとなっていたはず。考えてみれば3流週刊誌でも周辺の人たちへの取材はかなりやっているよね。

関係する人たちへの取材というのは重要なんだなというのが分かります。

この視点で問題の記事を眺めてみると、街や学校の写真などでそれっぽく整えてはいるものの、実際にはこの記事は校長へのインタビューしたレポートに過ぎないのではないかとも思えます。

(他にも「本を読まない」という問題提起に使用している情報も実際には「Webや電子書籍は読むが、紙の本を読まない」という話でしかないなど、粗が目立ちます。質的には個人のブログと大差ないのかなと。)

 

Web屋をやっていると、記事を書くことも多々あるわけですが、「これ実は違法だったり問題だったりしないだろうな?」という点にはかなり気を使います。関連情報を調べていると、あまり公にはできないなという場面にも出くわします。

文章を書くことは誰にでもできるけど、何かを取材して書く、ということは軽々しくできるものではないのだなと。この辺、デザイナーの仕事が簡単そうに見えて実は大変というのと通底するものがありますね。

ちゃんと謝罪しても叩き続ける人たち

の見本市的な。

はてなブックマーク - 「女性エンジニア」発言についての私的見解 - 科学と非科学の迷宮

まあ、昔の自分もこうだったなと。気持ちいいよねー、そうやって叩き続けるの。酒で酔っぱらったのと同じで、タガが外れるんだよね。反省を表明している相手なら、殴り返される心配もないし。

「炎上を煽ったお前も辞職しろ」、って炎上を煽っている人。まずあなたがお手本を示してはいかがだろうか。

それで謝罪と言えるかぁ~!的なコメントもたくさんあって。まあ、気持ちは分かるけど、どんな文章でもその気になればいくらでもあら捜しできるからね。「本心じゃないだろう」とか勝手に内心を決めつけることも含めて。それやばい領域。

 

Twitterにしろはてブにしろ、字数制限の中で意思表明する場合、半ば無意識のうちに”自分の感情が伝わりやすいように”と強い表現を使いがち。元ツイートもこれらのブコメも。

 

まあ、ブログでも気を付けないと長文にわたって強い表現になるので注意深く丁寧にやってかないといけないのだけど。頭に血が上っていると特に、ね。

おれのかんがえやすむににたり

危機管理の基本は常に「敵」に逃げ道を残してそこに誘導し、武力を使わずに問題を解決すること。これこそが真の意味での勝利と言える。

確かに武力行使は外交の延長線上にあるものの、実際に戦争になればそれは双方に死者が出ることを意味し、軍事的に勝利したところで政治としては敗北である。

この原則にのっとって現状を観察すると、ドイツのメルケル首相が話し合いを促すのは正しく、日本の安倍首相やアメリカのトランプ大統領のように、話し合いは無駄だとして話し合いのテーブルを用意もせず、経済制裁の強化と軍事的圧力を強めることしか行わないのは間違った危機管理である。

 

では、どういう状態が最も望ましいのか。

なによりも、北朝鮮の非核化が世界と北朝鮮にとっての勝利となる状況を整えなければならない。

非核化が北朝鮮勝利となる条件にするには、北朝鮮が完全・確実な非核化を実施すれば、アメリカは北朝鮮を攻撃しないと確約しなければならない。

アメリカはこれまでアフガニスタンイラクリビアパナマ等で行ってきた軍事攻撃を行ってきた。これらの実績から、アメリカは北朝鮮から、反撃できない弱い国に対しては軽々と主権を侵害し、国民を殺害する危険な覇権国家であると認識されている。

自国を守るためにはアメリカに反撃できる能力を持っていることを示さなければならず、そのために最も有効な手段が核ミサイルなのである。そのため北朝鮮これまで手段を択ばず、国際社会を騙してでも核開発を行ってきた。

この状況を変えない限り、北朝鮮は決して核武装を放棄することはないだろう。

 

アメリカが核を完全放棄した北朝鮮に対し軍事攻撃を行わないという確約を行えない場合、戦争を回避するシナリオは、今の北朝鮮核武装国として認め、その抑止力によって国際社会は北朝鮮への軍事攻撃を行わないという状況しかない。すなわち、北朝鮮が要求する通り、北朝鮮核武装国家として扱うことを認めることである。

これは、北朝鮮にとっては完全勝利、国際社会にとっては一部敗北を意味する。極東に冷戦状態が発生することを容認し、戦争による死者が出ないことだけが唯一の慰めとなる状態である。

戦争を行わないのは十分大きな成果であるが、北朝鮮による数多の人権侵害、主権侵害を解決できないという点で無条件に喜べるものではない。

 

北朝鮮はこれまで、世界中の一般市民を拉致、監禁し、自国のスパイを養成するための語学教師などとしてきた犯罪国家である。金正恩体制になってからはさらに凶悪性が増しており、政敵とみなした自身の兄を他国で暗殺したり、北朝鮮の体制を批判した韓国の記者に対し、勝手に自国で裁判を行い、死刑(という名の暗殺宣告)を行っている。

これは他国の主権を明確に侵害している。このような北朝鮮核兵器を維持し、核武装を国際社会が認めるということは、北朝鮮による各国でのテロ、暗殺、その他の人権侵害および主権の侵害に対して国際社会は水際防御以外何もできない、ということを意味する。

それでも一応は安定した状態であるので、例えば北朝鮮の関係者を入国禁止にするなどの措置で一定の防御を達成することはできるだろう。

 

国外にいる外国人に対して殺害を宣言するのは、過去にタリバンなどのイスラム原理主義組織が行ったが、それらは国家としての正当性を認められることはなかった。

北朝鮮がこれら原理主義テロリストと同様のことを行っているにもかかわらず、その体制が国際社会から認められるということは、核さえ持てばテロリストでも国家として認められるという前例・実績となる。

このようなルールが認識されてしまったら、ISなどのテロ組織はどうするか。なんとしても核兵器を手に入れて自組織を国として認めさせようとするだろう。これは国際社会が行ってきた核不拡散政策の敗北である。

国際社会の矛先を他に向けさせたい北朝鮮としては、ISなど他国で活動するテロ組織や内戦中の国家のいち勢力に対して核兵器を提供するという戦略をとることも可能である。

 

このような状況を防ぐためには、朝鮮半島の非核化が最低限のラインであり、国際社会は北朝鮮に対して核の完全放棄と体制の維持がセットであり、核を維持する限り体制の維持は保証しない、という条件を突きつける必要がある。

アメリカに対しては最低限、核の完全放棄に対して北朝鮮への軍事攻撃の停止を飲ませる必要がある。交渉によっては軍事訓練も含む威嚇の停止も含まれるかもしれない。

北朝鮮に対しては核兵器の押収、核関連施設の解体と各設計図面の廃棄などを飲ませる必要がある。これらは中国などを主体とした国連軍の監視下で行うくらいの強制力が必要だろう。

 

問題はこの条件を北朝鮮が飲むかどうかだが、・・・まあ突っぱねるだろうなと。もう少し時間稼ぎをして、アメリカ本土の近くまで飛ぶミサイルを開発して、本当にやばくなったらデモンストレーションでカリフォルニア沖で実際に核爆発を見せれば黙るだろうくらいの事は考えていそうだ。

 

当面は経済制裁の強化の水準になるかもしれないけど、戦争になるのは時間の問題のように思える。スイスが仲介に乗り出すなど、完全に戦争前夜。当事者の一方が正恩より頭悪いトランプってのが絶望的。戦争回避の交渉とか準備にかかる時間を考えると、年明けあたりが最も可能性が高いか。

まあ、正恩とトランプがニコニコ笑って握手するという大どんでん返しの可能性もゼロではないのだけど。正恩がアメリカを狙わないという確約と引き換えに米北安保条約締結、というオチ。そしてノーベル平和賞がこの二人に贈られるという、ね。